楽天モバイルの新料金プラン

まずはこれまでの大手キャリアの通信費について知りたいという方は下記をご覧ください。

大手キャリアの新料金プランの比較 | 練馬FPオフィス (nerima-fp.com)

今回は楽天モバイルの新料金プランについて書いていきます。

楽天の料金プラン

楽天のUN-LIMITV
基本料金1GB未満の場合 無料
3GBまで    月980円
3~20GBまで  月1,980円
20GB以上    月2,980円
データ容量楽天回線の場合は無制限
au回線使用の場合は月5GBまで
ネットワーク4G・5G
通話・専用アプリ使用の場合 通話無料
・アプリ未使用の場合 30秒20円
オプション海外かけ放題(月980円)
申込方法オンライン・店舗申込

楽天の特徴は、大手3キャリアとは異なり使用したデータ量に合わせて料金が段階的に上がっていく形になっている点です。

楽天モバイルサイト情報:楽天モバイル (rakuten.co.jp)

宣伝広告

楽天に乗り換えるべき?

楽天に乗り換えてもいいかなと思う人は、楽天経済圏の恩恵を受けている方です。

それ以外の方は価格重視で通信環境は多少悪くてもかまわない・しばらく様子見をしたいという方は乗り換えてもいいと思います。

楽天の新料金プランは確かに魅力ではありますが、どうしても通信環境の不安が払拭できていないのが気になります。

個人的なフローチャート

フローチャートの解説

①5GB以上使わないならmineoがオススメ。

mineoも各社の通信費見直しに伴い、3月から料金体系が変わります。

5GBの場合、月1,380円で使わなかった分は翌月に繰り越せるのも魅力です。

また回線もau・docomo・softbankの3社から選択できるため、楽天よりかは安定した通信環境で利用ができます。

②5G回線にこだわらずに大容量を希望する場合は日本通信のプランか、mineoがオススメ。

20GBで月1,980円となっています。

以前は格安SIMと格安スマホでdocomoに対抗プランを出したのは日本通信のみでしたが、mineoも料金改定で同料金になります。

5G回線もまだまだ活用されていないのでまだ5G回線じゃなくてもいいかなと思ってる方は大手キャリアよりも価格を抑えられると思います。

③5G回線を使いたい方

ここでようやく大手キャリアが選択肢に上がってきます。

大手キャリアでは通話はほぼLINEやskypeなどで済むという方はau

通話もそこそこ使うならdocomo・softbankになるかと思います。

あとは個人的に気にしたほうがいいかなと思うのは各社の金融サービスです。

auはauじぶん銀行やauカブコム証券、ポンタポイントなどを展開しています。

softbankはジャパンネット銀行やpaypay、LINE証券、Tポイントなどを展開しています。

docomoは出遅れていますが三菱UFJ銀行との提携が決まっています。

そして楽天は楽天証券や楽天銀行、楽天ポイントを展開しています。

要するに通信以外のところでのサービス展開が今後のポイントになりうるのでこの辺りは気にした方がいいです。

宣伝広告

Follow me!

前の記事

保険の種類とカタチ