2021年 夏のボーナスの使い道は?

今年も早いものであっという間に6月中旬。

そしてこの時期になると話題になるのが、ボーナス。

皆さんはボーナスの使い道は既に決まっていますか?

宣伝・広告

ボーナスの使い道 TOP5

マイナビニュースによると、ボーナスの使い道TOP5は下記の通りです。

1位 預貯金

2位 生活費の補填

3位 ローン・借金の返済

4位 趣味・娯楽 同率で未定

5位 税金の支払い

参照:2021年夏のボーナスの使い道、1位「預貯金」の次に多かった回答は? | マイナビニュース (mynavi.jp)

参考までにall aboutでは下記のようになっています。

1位 預貯金

2位 住宅ローンなどの返済

3位 自分へのプレゼント

4位 未定

5位 娯楽・レジャー

参照:【500名アンケート】夏のボーナスの使い道1位は「貯金」その驚きの貯蓄率はなんと… – All About NEWS

両社ともにほぼ変わらないランキングになっています。

コロナ禍前の2019年は?

ここで少しコロナ禍前の2019年の夏のボーナスの使い道を振り返りたいと思います。

1位 預貯金

2位 旅行

3位 趣味にお金を使う

4位 電化製品の購入

5位 外食

1位は変わりませんが、2位以降は2021年と比較をして様変わりしていることが分かります。

コロナ前と後で分かること

比較してみて分かるのは、上位に生活費の補填や住宅ローン等の返済が上がってきていることです。

このことからコロナ禍で給料やボーナスが減った影響も考えられます。

またお家時間が増えたことによる水道光熱費や食費の増加もあるでしょう。

少し気になったのが5位の税金の支払いです。

この時期で考えられる税金といえば、一般的には固定資産税や自動車税です。

ただこの辺りは毎年のことなのでコロナはさほど関係ありません。

そこでふと思ったのが住民税です。

個人事業主の方はこの時期に住民税の支払いがあります。

サラリーマンの方は普段の給料から住民税は引かれているので支払いはなく、関係ありません。

ただコロナ禍で副業をする方が増えて、副業の部分を自己申告にしている結果、住民税の支払いが発生しているのかなと思いました。

コロナ前後のランキングを比較から改めて今までとは異なる生活様式になりつつあることが分かります。

住宅ローン等の返済について

もう一つ個人的に気になったのが住宅ローン等の返済です。

個人の資産状況や借り入れているローンの種類等で結論は変わりますが、現段階で返済しない方がいい場合もあります。

特に今は低金利で推移しています。

そのため、借りている分には低金利の恩恵を受けることができます。

一方で預けている分は全く増えないので恩恵はまったくありません…。

人によっては繰り上げ返済をして現預金を減らしてしまうよりも、あえて現預金で保有をして将来の出費に備えたり、資産運用に回した方がいい場合もあります。

この辺りは自分で判断をするのがなかなか難しいです。

キャッシュフロー表やライフイベントを考慮して考える必要があります。

これを機にお金の使い方について専門家に相談してみては?

まとめ

夏のボーナスをどうしようか迷われている方も多いでしょう。

以前は旅行や趣味にお金や時間を使っていたけど、コロナ禍で持て余している方も少なからずいると思います。

私自身しばらく旅行に行けておらず、趣味のフットサルも控えたりしています。

その持て余した時間とお金で今は自己投資をしています。

今年は、CFP・FP1級・宅建・簿記2級にチャレンジ中!

まるで資格マニアみたいですが、どれも仕事に役立つので頑張っています♪

Follow me!